「お歳暮をやめる時は、どうしたらいいのでしょうか?」アンケート

「お歳暮」をやめるタイミングは難しい・・・迷えるあなたに体験者からのアドバイス

毎年、年末が近づくとデパートのお歳暮コーナーは大盛況。
送り先リストを片手に、「今年も贈るべきかどうか」悩んでいる人が多いのではないでしょうか?

そもそも、お歳暮とは「日ごろ、お世話になった感謝の気持ち」を表すものです。

ところが、「数年、直接のお付き合いが無い親戚・知人」や「退職や異動で疎遠になった上司・同僚」など、 直接の交流が無くなった相手へのお歳暮をずっと贈り続けるのは、お互いに負担になります。

どのような方法で、お歳暮をやめるか。

アンケートバンクでは、

「お歳暮をやめるにはどうしていますか?」

というテーマで質問を行い、体験談やアドバイスを集めました。
(回答数は585件、うち女性349件・男性236件)

アンケート結果を参考に、送り先リストを見直してみませんか?

もらう側は、お歳暮が来なくなっても気にしない?1位は「きっぱり止める」

「特に何も考えずに贈るのをやめます。いつも来るお歳暮が来なくなっても、
 それだけで『けしからん!』という人はいないはず。
 もしいたとしても、そんな人にはそもそもお歳暮を贈らないと思います」

と、もっともなコメント。

このように「きっぱり止める」と答えた人は、全体の23.2%で1位となりました。

「お稽古事の先生や知人などは、顔を3ヶ月以上合わせなくなったら
 フェードアウトでよいかと思います。その状態でお歳暮が届いたら、
 相手の方も戸惑いそう」

という意見も。

まず「お世話になった」と思えるか、「お付き合い」が今後も継続していく相手かどうかを
見直してみましょう。

贈りはじめたのも強要されたからではなく、自分の感謝の気持ちから始めたことだと
思います。

それならば、"贈るのをやめる"判断をするのも自分。

もらう側からすれば、今まで贈ってもらったことで十分に感謝の気持ちは
伝わっているのではないでしょうか。

お歳暮をやめても、ご縁をつなぎたい人には・・・2位は「礼状などで対応する」

 2位は「礼状などで対応する」(13.8%)。

この場合の手紙には3つのパターンがあるようです。

(1)最後のお歳暮を贈る際に、今までの感謝を述べて来年から贈らない旨を添える。
(2)今年はお歳暮を贈らない理由を説明し、今までのお礼を述べる手紙を出す。
(3)お歳暮を贈らずに、年賀状や寒中見舞いで挨拶をする。

どの手法を選ぶかは、相手との関係の深さや今後のお付き合いの仕方によるようです。

どうしても「いきなり止める」ことに抵抗を感じる人は、参考にしてみてください。

(1)の最後のお歳暮に添えるお礼状には

「今まで大変お世話になりました。これからもどうぞお体を大切に」

などの感謝のメッセージを添えるという意見がありました。

相手に「今回で最後にします」という意志が、思いやりを伴って伝わりますね。

(2)の場合は

「季節の挨拶を兼ねて葉書・手紙などで
  『お互い気を遣わずにこれからもよろしくお願いします』
 とやんわり伝える」


「年末にさりげなく挨拶状を出す。できることなら、相手を思いやる心情や
 感謝の念を存分に込めて。なぜならそれが本来の『お歳暮』の心でしょうから」

とのアドバイスがありました。

ポイントは「これからは儀礼をやめて、気楽な関係になりましょう」と意思表示するか、
もしくは「今まで本当にありがとうございました」とお礼を述べるか。

相手との今までの関係や立場を振り返って、文面を考えましょう。

(3)の「年賀状・寒中見舞い」にした場合は、特にお歳暮をやめたことに触れない人と、
手紙の中で事情を説明する人がありました。

いずれにしても、相手への感謝や気遣いを盛り込みたいですね。

親しい相手とは話し合うのが効果的!「お互いに止めることにする」が3位

 お歳暮を一方的に贈るのではなく、お互いに贈り合う関係を 続けている場合があります。

お歳暮の時期になる前に「お互いに止めることにする」という回答が3位(11.3%)に
入りました。

「気心の知れた人には、『お互いに気を遣いあうのも水臭いので』と相談し、
 双方同時にやめるように提案。目上の方には、お歳暮ではなく、
 旅行の際おみやげを贈るなど不定期の贈り物に切り替えていって、
 失礼にならない程度に少しずつ頻度を減らしていく」

と、具体的なコメントがありました。

儀礼だから贈るのではなく、旬のものや特産物が手に入った時にさりげなく贈る関係に
切り替えることで、より気軽で長続きする関係になれそうですね。

回答数としては多くありませんが、「事前に連絡する」という回答が5.3%ありました。

この場合は、電話や口頭で伝える場合が多いようです。

「家庭の事情などを、贈っていた相手に伝えてやめる」

と、身内の不幸や退職などで立場の変化があった場合には、
近況報告を兼ねて電話で伝えるのもいいですね。

また、

「先に『家はお歳暮を贈らない主義です』と言っておく」
「お歳暮ではなく『お礼』として必要な時に贈る」

と、お互いの関係が始まる時に意志を伝える人や、

「お世話になった年から、3年を目処に止める」
「5年とか10年とかキリのいい年で止める」

と期限を決めている人がありました。

判断に迷う人は、この機会に「我が家のお歳暮ルール」を作ってみてはいかがでしょうか。

「相手とどのような関係を築いていきたいか?」を考えながら決めよう!

「お歳暮をどのように止めるか」アンケートを整理すると、


        1位 「きっぱり止める」     23.2%、
        2位 「礼状などで対応する」   13.8%、
        3位 「お互いに止めることにする」11.3%、
        4位 「自然となくなる」     10.6%、
        5位 「止めることはできない」   9.2%
      

でした。

4位の「自然となくなる」は、1位の「きっぱり止める」と似ています。

「相手とどのぐらい付き合いが続いているかによるでしょう。
 年賀状だけの関係になってしまったら、タイミングを見計らって出すのを
 止めてよいと考えます」

と、相手との距離感に応じて判断するという意見がありました。

別の回答として

「私は主人が定年の時に、親以外はすべて止めました。
 人生の節目で切り替えるといいのでは。
 子供の学費が嵩んで大変な時でも良いでしょう」

と、定年・引越し・出産などの「きっかけがあった時」に止めるという回答も。


一方、5位に入ったのが「止めることができない」という意見。

「お歳暮はブレーキなしの下り列車。一旦送るとやめられません」
「自分は辛いのですが、贈り続けています」

と嘆く声が多いのは、もらう側からも悲しいものですね。

一番大事なのは「感謝の気持ち」。

それが無いのであれば、儀礼的なお歳暮を止めることも相手への思いやりです。

今まで紹介した「礼状を出す」「事前に連絡する」方法や、

「お歳暮の値段を徐々に落としていき、挨拶文等に変えていく」
「時期をずらして軽いものを贈る」

といった方法を参考に、相手との関係を考えながら決断してみてください。


[ このアンケートデータを購入する ]


広告募集中

各種アンケート結果を配信中! メールマガジンにて新着アンケートの内容をお届けいたします。
メール:

(データ概要)

  調査主体 :アンケートデータバンク
  集計期間 :2006/09/18〜2006/10/29
  集計場所 :協力サイト上
  対象者  :サイト訪問者
  質問内容 :お歳暮をやめる時は、どうしたらいいのでしょうか?
  回答数  :585 (女性 349 男性 236)
  データ形式:エクセル2003で作成
  販売価格 :1,050円(税込)

データ形式を確認するには、 ココををクリック!


広告募集中

■アンケートデータのご利用に関しまして

アンケートデータの内容は、下記のような形でのご提供となっております。

  • データは、Microsoft Office Excel2003で作成されております。

  • エクセルデータ内には、データ概要、簡単な集計結果、 分類された自由回答内容の3シートをこちらでご用意させて頂いております。

  • データの価格は、主にご購入者様でも改めて自由に集計できる自由回答部分に対してとなりますので、 ご購入の際には、予めご了承お願い致します。

  • データの内容は、ご購入後も予告無く更新される場合がございます。
    その場合のご連絡、交換は致しかねますのでご了承ください。

  • アンケートデータの著作権、その他の権利はアンケートデータバンクに
    帰属しております。

    TV、新聞、雑誌、メールマガジン、WEBサイト(PC、携帯、ブログ)等で利用、掲載、引用される場合は、 かならず、出典が当サイトであることを明記の上、TOPページ(http://www.enquete-data-bank.net/)にリンクをお願い致します。

    リンクの例)
    <a href="http://www.enquete-data-bank.net/">アンケートデータバンク</a>

    なお、リンクのご連絡は不要です。

■アンケートデータのご購入に関しまして

  • お支払は、クレジットカード(Visa,Master,JCB)、または銀行振込みが可能です。

  • お支払がクレジットカードの場合は、決済続き後にダウンロード可能です。

    銀行振込みの場合は入金確認後、メールにてダウンロードのアドレスを お届けします。 通常3営業日ほど掛かります。
    詳しくはこちら

  • 領収書の発行は、致しておりませんので予めご了承ください。

  • 商品の性質上、返品はお受け致しかねます。
    データ表示できない等の場合は、連絡メール先までご連絡ください。再度お送りさせていただきます。

このアンケートデータをご購入の方はこちら!

アンケート結果、ランキングデータの販売、アンケートデータバンク
アンケート結果、ランキングデータの販売、アンケートデータバンク

メニュー